県民性格診断 公開!

【日本戦争ゲーム開発通信】
2018/2/24号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

メルマガの配信停止、メールアドレスの変更を希望される方は、
次のURLをクリックしてください。
http://wargame.jp/main/special/mm/kaizyo_hennkou.htm


%%FULLNAME%%さん、日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
今日のメルマガでは、性格診断セブン向けの新作を発表します。

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B.県民性格診断
C.四国志すぺしゃる 高知の物産詰め合わせ裏話


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、ミリタリー関係などについて、できるだけ面白く、興味深く書いていきます。でもやっぱり、製作中のゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
http://wargame.jp/main/special/sinnsaku/index.htm


 B.県民性格診断


性格診断セブンにて、

貴方は本当はどこ県民っぽい?
性格と食べ物から診断する「県民性格診断」を公開!
http://seikaku7.com/kennminnsei/  

県民性格診断は、「四国志すぺしゃる」や、「覇権を握れ」を作るために、各都道府県について調べているうちに思いついた診断です。

県民性は印象論のようなふわふわしたものと、統計データの組み合わせからなるので、何を基準に診断すればいいか悩みました。結果的には、うまいこと質問数を抑え、楽しめるものになったと思います。

 

ちなみにツクールXPでの制作経験もフルに活用しています。ツクールXPはスクリプトがRubyベースですが、県民性格診断の結果算出システムもRubyで作っているのです。

 

県民性格診断のより突っ込んだ話は、Entyのパトロン向けの記事にまとめました。
https://enty.jp/posts/75499

パトロンについてはこちらで説明しています。
http://wargame.jp/main/bosyu/patron.htm

 

 


 C.四国志すぺしゃる 高知の物産詰め合わせ裏話


少し前に当選者を発表した四国志すぺしゃるの特産品が当たるキャンペーン。

今回は高知県の景品「土佐弁監修者が選ぶ高知物産の詰め合わせ」の裏話をします。


この景品は、土佐弁監修者が高知県を駆けずり回って集めた、こだわりの物産詰め合わせなのですが……。

土佐弁監修者のハンドルネームは「パソコンショップC○ACH」。

 

ゆえに送り主は「パソコンショップC○ACH」です。
でもって、品名に「パソコン部品」と書いて発送したそうですwww。

しかし店の人に呆れられてか、パソコン部品のあとに、「(調味料、酒)」と書き足されてしまいました。

なので送り状に「パソコン部品(調味料、酒)」と書かれている、意味不明な景品になったそうですw。

 

で、”パソコン部品”の箱を開けると、最初に出てくるのが……。


http://wargame.jp/mel/yonnsp/yesno.JPG

ゲームを遊んだ人なら分かるかもしれませんが、高知県はマレーの虎と呼ばれた、山下奉文の出身地なのです。

イエス オア ノートは、土佐弁監修者が買ってきた同人誌ですが、これを”パソコン部品”の箱に詰め込んだら、店員が吹き出したとか。

 

ちなみにそれ以外の中身はこんな感じです。


http://wargame.jp/mel/yonnsp/tumeawase.JPEG

箱の左右のやつもちゃんと入っています。

 
パソコンショップC○ACHさん、よくやった……。

 


◆本日の毎日ジョーク診断
女木鬼姫の今日の妄想は、平安時代に元総理大臣の甥とともに、悪の道を行く。
http://joke777.com/mousou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>