深淵の探索者 発売まであと2週間

【ふらいんぐパンジャンドラム通信】
~2019/1/13号~

サイトロゴ

「深淵の探索者」が完成秒読みに入り、なかなか慌ただしいです。でもあと一歩。

 

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B.深淵の探索者 レアモンスター
C.深淵の探索者 過去最大規模のR18作品に
D.深淵の探索者 テストプレイヤーからの感想

 

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、主にゲーム製作について、できるだけ面白く書いていきます。初めて読む人は先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
https://wargame.jp/jwd/?page_id=176

 

 

 

 


 B.深淵の探索者 レアモンスター


https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2018/02/sinnenn_banner-.png

1/26発売のダンジョンRPG「深淵の探索者」
(R18) https://wargame.jp/?page_id=2060

 

B3階層以降には時々レアモンスターが現れます。

見事倒す事ができればレア武具を落としますが、パーティーが壊滅してしまい、帰投を余儀なくされる事も。

 

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2019/01/mel_sinnenn_yuni.jpg
↑ユニコーン。
強力な連続攻撃が得意な暴れ馬。まともに戦うとかなりの強敵だが、スキル「正義の盾」や「返し一閃」が使えるのなら損害を抑えやすい。

 

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2019/01/mel_sinnenn_anded.jpg

↑アンデッドオーバーロード
死者を従え、強力な魔法を駆使する。雑魚を倒しても定期的に復活させるので、十分な火力と、ステータス異常の回復手段が必要。全体攻撃魔法が尽きてしまった場合は、「返し一閃」で周辺の雑魚の攻撃を凌ぐのもよい。

 

 

 


 C.深淵の探索者 過去最大規模のR18作品に


https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2019/01/sinnenn_syoukai_bugu.jpg

本作は天音蓮人さんとの合作です。合作自体が初めての試みなので、4ヶ月ぐらいで完成させる小規模作品として作り始めました。

しかしいざ作り出すと、開発期間が3倍ほどに膨れ上がり、長編RPGになってしまいましたw。

 

 

togglというソフトを使って開発時間を記録したのですが、それによると
・天音蓮人さんの作業時間は、約2100時間(うちイラスト作業は約860時間)。
・武藤FPの作業時間は約480時間。

合計で2580時間と、中核メンバーの開発時間は過去最長クラスに……。

 

ゲーム規模も相応に大きく、
・プレイ時間15~30時間
・CG枚数36枚(差分は750枚前後)
・立ち絵4人(差分200強)
・登場する武器や防具が1000種類以上

特に差分込みのCG枚数はずば抜けて多いです。「四国志すぺしゃる」が76枚、「へべれけ!」が約125枚だったのと比べると際立っています。

 

いろいろ大変でしたが、最終的にはゲーム部分もR18要素もじっくり楽しめる作品になったと自負しています。

発売まで今しばらくお待ちを。

 

・・・ところで上の武具図鑑のスクショ、よく見ると怪しい武器が。僕がねじ込んだ装備ですね。

 

 

 

 

 


 D.深淵の探索者 テストプレイヤーからの感想


テストプレイヤーからの感想をかいつまんで紹介します。作品の雰囲気を感じていただければ。

 

—————————————————————————————

◆mettooruさん
キャラクターはみな個性があってとても楽しかった。

難易度はRPG慣れしているならレベリングは要らない程度だったと思う。

「深淵の探索者」、といったタイトル通り、探索がとても楽しいゲームだった。

ショートカットが要所要所にあるため、ダンジョンはなんだかんだ遊びやすい印象。

ボリュームとやりごたえのあるゲームだった。

層に入ってすぐが一番厳しいという、RPGでは当然の摂理ではありますがそれらの雰囲気から世界樹の迷宮シリーズのような感覚も感じた。

 

 

○武藤FPコメント
新しい階層に入ると苦戦し、強力な武具を手に入れたり、新たなスキルを習得する事で、一気に戦闘が有利になるカタルシスを重視しています。

帰還魔法はあえて実装しませんでしたが、クエストをクリアする事でダンジョンの往来が楽になるようにし、ストレスが貯まらないようにしました。

 

 

—————————————————————————————

◆CATAIさん
全滅は初見での2回だけで、難易度ヒロイックであれば普通に遊べました。

ファウが属性盛りすぎで笑える。オヴェリアが、優しい棍棒撲殺マシーンになってて恐ろしい。

レア武具は、出ないときは出ない。とはいえそれなりに出てくれるのでレアエンカウントを処刑するモチベになる。

同人エロRPGで、ゲーム部分をここまで丁寧に作り込んでいるものは、滅多にないと思う。

 

 

○武藤FPコメント

パトルの軍事博物館の開発室でお馴染みCATAI。画面共有でリアルタイムに観察しながらテストを進めました。

普通の人は、「サルティマ」というミニマップを表示する魔法を使いながらダンジョンを探索するのですが、CATAIは覚えがよすぎるのか、ほとんど使っていなかったですね……。さすがCATAI……。

ちなみにゲーム終盤で強力な棍棒を拾ったため、主人公が棍棒であらゆる敵を殴り潰していく、暴力ヒロインになっていたw。

どんな武具が手に入るかはプレイヤーによって違うのですが、主人公の最終装備が棍棒というのは、RPG的には超絶レアなのでは?

 

—————————————————————————————

◆ジャマーさん
あえて明かりをつけないで探索することで経験値ブーストが入ったり、カジノや 5F 玄室 (エレベーター付近) など稼ぎ場が用意されていたりして、やり込める要素が多いと感じました。

いつもの武藤 FP 閣下の作品と違ってぶっ飛んだところは無かったですが、通常ストーリーと 18 禁イベントの間のつながりが違和感なくスムーズにつながっているところは良い点だと感じました。

ダンジョンは今までプレイした RPG の中で一番複雑だと思います。広さは特に問題ないと思いますが、どちらかというとテレポーター、ワープまわりで苦戦させられました。

 

 

○武藤FPコメント

稼ぐのが好きな人向けに、稼ぎ場を意図的に用意しています。

今回は天音蓮人さんが通常シナリオもR18テキストも執筆しています。天音さんもR18テキストの執筆経験はそこまで多くないのですが、本作の製作を通じてメキメキ上達しました。

僕が作るとどうしても、通常シナリオとR18シーンが分離してしまうのですが、今回は天音蓮人さんのおかげで統一感をもたせられました。

 

—————————————————————————————

◆天音蓮人さん
戦闘は、軽快に敵を殴れるテンポが良い。

オヴェリアは生粋のサークルの姫。自分はファウとレーシェが好きです。

BGMが良い!自分で作曲したわけでないから自信を持って言えるw

難易度スタンダードだと、ちょっとぬるめかもしれないけれど、レアモンスターだけは気合を入れないと危ない。弱点属性やステータス異常をうまく使いこなすことで形勢がかなり変わる。

地下4階と地下3階の連携が複雑でクエスト消化しながらだと、ここでかなりの時間を食う。(がそれも割と楽しかった)

良い防具が全然出ない!(確率は武器と同じなのに・・リアルラックか・・・)

 

○武藤FPコメント

本作のメイン製作者にも、自己テストのアンケートを書いてもらいました。

自分でテストしていても戦闘やアイテム集めが楽しめると言っていました。

体感難易度は、製作者なので一般プレイヤーより簡単に感じるはずです。あまりあてにならないと思いますw。

 

 

 

 


◆本日の毎日ジョーク診断
オヴェリアの今日の妄想は、奈落でワーキングプアの妹を、焼き討ちする。
http://joke777.com/mousou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>