コミケ当選2018冬

【ふらいんぐパンジャンドラム通信】
~2018/11/3号~

サイトロゴ

 

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B.覇県を握れ 発売予定日や価格について
C.覇県を握れ 追加のゲームモード
D.深淵の探索者 ボツイラスト
E.コミケ当選

 

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、主にゲーム製作について、できるだけ面白く書いていきます。初めて読む人は先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
https://wargame.jp/jwd/?page_id=176

 

 


 B.覇県を握れ 発売予定日や価格について


hakennwonigire_banner
47都道府県で戦うSLG「覇県を握れ」。
https://wargame.jp/?page_id=2131

完成が近づいてきたので発売予定日や価格をお知らせします。

◆発売日

11月23日。ただしSteam版は時差の関係で1日ぐらいずれるかもしれません。

◆価格

4000円+税が基本価格ですが、恒例の早期セールを行うので実際は3000円ぐらいになります。

◆販売サイト

DLsite、Steamを予定しています。

それとは別にBOOTHでは、「覇県を握れ」と「四国志でらっくす」のセット販売を行う予定です。こちらはセットで4000円の予定。

 

 

 


 C.覇県を握れ 追加のゲームモード


47都道府県から1つ選んで天下一の都道府県を目指す覇県モード以外にも、2つのゲームモードがあります。

なかなか余力がなかったので実装がギリギリになりましたが、様々なシチュエーションを楽しめると思います。

 

◆道州大戦争モード

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2018/11/mel_hakenn_dousyuu.jpg

道州制をイメージした勢力の区割りでゲームが始まるモードです。9道州制、11道州制、13道州制からランダムにマップは選ばれます。
道州とはいっても、関西州だとか東北州という勢力があるわけではなく、関西が全て大阪の領土の状態で始まる、東北が宮城県の勢力下で始まるといったものです。

本作は領土が広いほど他県と仲が悪くなるというシステムがあるため、お互いに多くの領土を抱えた状態で始まる道州制だと、ゲーム開始時からいきなり戦争していたりします。

また道州大戦争では初期エリアの戦力はすべて統合した状態で持っています。なので単独の県の集まりとは、その地域のパワーバランスがまた変わってきています。特に恩恵が大きいのは九州で、航空戦力数は最多で、陸軍戦力も北海道に次ぐ2位です。通常モードだと、九州内で同士討ちしてこれらの膨大な兵力は消耗してしまうのですが、道州大戦争では猛威を振る事でしょう。

また東北州も単独の県と比べるとかなりの兵力を抱えています。北海道とは初期状態で戦争はしていない事が多いので、九州と同じく道州大戦争では有利な地域かもしれません。

 

◆シャッフルモード

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2018/11/mel_hakenn_shahuru.jpg
その名の通り、都道府県の位置がバラバラに入れ替わった状態で始まります。

北海道が関東にあったり、東京が沖縄の位置にあったりとカオス極まりない状態になります。県の初期パラメーター自体は、本来の県のものになるので、北海道が東京の位置にあってもパラメーターは北海道のままです。

ゲーム展開が通常モード以上に予測できなくなるため、思わぬ県が伸長してくるかもしれません。

 

 

 


 D.深淵の探索者 ボツイラスト


深淵の探索者のボツイラストを公開しました。


Ci-en 
(R18) https://ci-en.jp/creator/453/article/27296

Enty
(R18) https://enty.jp/posts/96711

パトロンとは
https://wargame.jp/?page_id=43

 

そもそもボツイラストが発生する理由ですが、作業の順番にあります。

僕(武藤FP)がメインで制作して絵を外注する場合は、先にシナリオを書いてから絵を依頼します。シナリオを先に書かないと、そもそもどんなイラストを依頼するか決めようがないからです(シナリオの自由度が下がるのでかなりしんどいですが・・・)。

対して今作はイラストが本職の天音蓮人さんが中心に作っているので、モチベーションの関係もあり、早い段階で絵を用意するのです。結果としてシナリオが予定と変わった場合は、絵の使い所がなくなる事があります。

とはいえ対策はしており、どういったシチュエーションを何枚程度用意するかは、二人で相談して事前に表にまとめてからやり始めました。これにより天音さん単独で作り、大半の絵を先に用意した「陥落要塞」よりは、かなりシナリオと絵を合わせやすくなったようです。

 

※追記
深淵の探索者がDLsiteの1月予告ランキングで1位を取りました!

 


 E.コミケ当選


12/30のコミックマーケットに当選しました。

新作として「覇県を握れ」を持っていきます。

ブース番号とかは分かり次第こちらのページに掲載します。

https://wargame.jp/?page_id=55

 


◆本日の毎日ジョーク診断
県太郎の今日の妄想は、皇居で権力に飢えた祖父の経営している会社で働かせてもらう。
http://joke777.com/mousou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>