まさかの快挙

【ふらいんぐパンジャンドラム通信】
~2018/12/1号~

サイトロゴ

 

2年にわたった都道府県戦略SLGシリーズの開発も一段落です。今日のメルマガでは、開発の経緯やシリーズ作品について紹介しようと思います。

 

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B.覇県を握れ まさかの快挙
C.覇県を握れ 開発の経緯
D.パトル2 MOD更新

 

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、主にゲーム製作について、できるだけ面白く書いていきます。初めて読む人は先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
https://wargame.jp/jwd/?page_id=176

 

 


 B.覇県を握れ まさかの快挙


https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2018/06/hakenn_top.jpg

47都道府県で戦うSLG「覇県を握れ」。
予想していなかった快挙をあげました!

https://twitter.com/MutoFP/status/1067712830734909440
なんとSteam日本ランキングでランク入り。名だたる商業大作と一緒に並んでいるのは恐れ多い……。

ランキング入りした時点でSteamでの売上本数は230本ぐらいでした。僕の全年齢作品の初動としては過去最高ですが、Steam上では弱小レベルだと推定していたので意外です。

 Steamでの本数が伸びたのは、ネットメディアとTwitterで話題になった事が大きいように思います。ゲームとはさほど関係ない「ねとらぼ」などの有名メディアが取り上げてくれました。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1811/26/news095.html

またDLsiteでも全年齢版のランキング入りを果たしました。
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ237627.html


何はともあれ、ありがたい事です……。
Twitterとかの感想を見ると、結構な人が楽しんでくれているようで……。

 

 


 C.覇県を握れ 開発の経緯


本格的な戦略SLGを作りたかったというのが、「覇県を握れ」の製作動機になります。

そして思いついたのが、現代の都道府県で戦い、実際の統計データを反映させるいうもの。

しかし簡単に作れるわけがなく、ものすごく苦戦しました。

 

■企画開始 2016年夏

「覇県を握れ」は2016年の夏から作り始めたのですが、システムがまとまらず頓挫してしまったのです。

システムA案とシステムB案を作るとして、その相性はどうだろう?
システムA案とシステムB案よりも、システムA案とシステムBα案の組み合わせのほうがいいだろうか?
いやシステムA案は実装できるか分からないので、システムAα案と、システムB案の整合性は?
いやシステムB案も実装できるか技術的に不明なので、代替としてシステムD案とE案とF案。そしてそれとC案やAαとの相性は・・・。

みたいな感じで無尽蔵にシステム案の組み合わせが増えていった感じです……。

勢力ごとにあまりに強さが異なるので、一般的な戦略SLGのシステムだとゲームとして成立させるのが困難で……。

 

■四国志大戦 2016年秋~冬

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2017/04/title4.jpg

このままでは埒が明かないと思い、システムと規模を絞って作ったのが「四国志大戦 ~県知事の野望~」です。
https://wargame.jp/?page_id=254

なぜ四国だったかと言うと……
・勢力数が4つと手頃。
・四国四県は国力に極端な差がなく、外交無しのバトルロイヤル形式でも成立する。
・航空自衛隊や海上自衛隊を考慮しなくていい。

というのが大きかったです。

四国志対戦はフリーゲームのコンテストで入賞もし、自信を深める事ができました。

 

■四国志すぺしゃる/四国志でらっくす 2017年~2018年

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2017/12/top9.jpg

凝り性なので、四国志大戦を作ったらもっと踏み込んだ作品を作ってみたくなりました。

そこで作ったのが、「四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」です。
(R18) https://wargame.jp/?page_id=259

四国志大戦よりもエリア数を増やしたりしたので、それに合わせてシステム面も改良しています。また統計データのとり方やエリアの区分け方法も変えました。ここで試した事が、覇県を握れでも役に立ちました。

例によって凝り性なので、R18要素を取っ払ってもっと四国ネタに踏み込んだ作品を作りたくなってしまい、作ったのが「四国志でらっくす ~酒池肉うどん戦記~」ですw。
https://wargame.jp/?page_id=1913

 

 

■県民性格診断&都道府県適性診断 2018年上旬

https://seikaku7.com/todouhukenn/img/1.jpg

「覇県を握れ」を作るにあたって、地理や県民性の本を買い込んだり、統計データを収集していました。

それを元に性格診断セブン用に作ったのが

県民性格診断
https://seikaku7.com/kennminnsei/

都道府県適性診断
https://seikaku7.com/todouhukenn/

特に「都道府県適性診断」の方は自衛隊の量だとか、工業地帯に関する記述があって、もろに覇県を握れと基礎データを共有しています。

この2つの診断は、「覇県を握れ」の都道府県解説文に流用するつもりでしたが、書式の違いや文章量のばらつき、全ての県の解説が揃わなかったため、実現できませんでした。

しかし各県のメッセージを書く時に、この診断の製作を通じて調べた事も役に立ちました。

■覇県を握れ 2017年冬~2018年秋

https://wargame.jp/jwd/wp-content/uploads/2018/02/hakennwonigire_banner.png

そして様々な難題を乗り越え、完成は2018年11月。

企画開始から2年以上と、過去最高に長期化しましたが、夢だった本格的な戦略SLGの完成です!

幸いにしてバグとかもあまりないようなので、一息つけそうです。

 今は様子を見つつ、プログラミングの勉強とかしています。さて、次は何をしようかな?

 


 D.パトル2 MOD更新


パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~
https://wargame.jp/?page_id=139
某Sさんが作っているMODが更新されました。
MODはパトル2の二周目以降を遊ぶ人や、一度クリアして久々にパトル2を遊ぶ人に特にお勧めです。
パトル2本体を購入している人であれば無料で使えるので、興味があれば秘密のページからダウンロードしてみてください。
https://wargame.jp/?page_id=174
アクセスパスワード:jwd

 


◆本日の毎日ジョーク診断
パトルの今日の妄想は、アフガニスタンでペドのハーピーとともに、下着ドロボウの計画を企てた。
http://joke777.com/mousou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>