都道府県適性診断の解説者募集

【日本戦争ゲーム開発通信】
2018/3/17号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B.都道府県適性診断
C.覇県を握れの経済システム2


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、ミリタリー関係などについて、できるだけ面白く、興味深く書いていきます。でもやっぱり、製作中のゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
http://wargame.jp/main/special/sinnsaku/index.htm

 


 B.都道府県適性診断


「引っ越すならどこが良い? 都道府県適性診断」のベータ版を公開しました!
http://seikaku7.com/todouhukenn/

どの都道府県に住むのが向いているのか診断します。

「覇県を握れ」用に収集したデータも使っているため、都道府県の軍事力だとか、変わった分析もあります。

 

さて、この診断ですが今の所ベータ版です。

どの都道府県が向いているかの判定は完成しているのですが、結果ページに表示する、各県の暮らしぶり等の解説が揃っていないのです。

僕自身で書けるのは、兵庫県だけなので、残り46都道府県分を集める必要があります。

 

現在の募集状況は次のとおりです。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1cDfQS4KlGb3w-zSjgfyTpJvdQZ8EsP3e8sH12R8yRpw/edit?usp=sharing

応募要項やサンプルはこちらからダウンロードしてください。
http://seikaku7.com/todouhukenn/todouhukennsinndann_iraisyo.zip

 

執筆してくれた人には、日本戦争ゲーム開発のお好きなシェアウェア作品を1つプレゼントします。

すでに執筆された方でも、希望される方は連絡してください。

 

もともとこの診断は、「県民性格診断」と「覇県を握れ」のおまけ程度のつもりだったのですが、やはり作るとなると凝りたくなりましたw。

ただ自分でできる事には限界もあります。

皆さんの応募を待っています!

 


 C.覇県を握れの経済システム2


47都道府県で戦う戦略SLG「覇県を握れ」。

欲張りすぎた設計のせいで、制作は非常に苦戦していますが、少しずつ進んでいます。

以前のメルマガで地方債(借金)システムを紹介しましたが、他にも独自性が高いシステムがあります。

 

税制、社会保障、兵役、魅力度です。

今作では税金の重さ、社会保障の手厚さ、兵役の厳しさを変更できます。

選択次第では、預金封鎖をして搾り取り、社会保障は皆無に等しく、根こそぎ動員を行うという、超ブラックな県運営も可能です。

 

でもこんな県になんか、誰も住みたくありませんよね?

魅力度という住民からみてどの程度住みたいかを表すパラメーターが存在します。税金を上げたりすると、魅力度が下がっていき、人口が他県に流出していきます!

 

では、税金や社会保障が据え置きなら県民は喜んでくれるかと言えば、そんな事は全くありません。

首都圏は魅力度が最初から高く、東北などは魅力度の初期値が低く設定されています。

現実同様、何もしなくても、地方から首都圏に勝手に人口が流れていくという、かつてないリアル志向となっていますw。

なお魅力度の数値は、各県の転出入者数の統計データを元に設定しています。県に入った人と、出た人どちらが多いかという事ですね。

首都圏以外だと、愛知県や福岡県などの魅力度が高くなっています。

 

こんな感じで変に拘るので、制作難易度がどんどん上がるんですが、作りたいものがそれなので・・・。

 


◆本日の毎日ジョーク診断
女木鬼姫の今日の妄想は、霞ヶ関で食べられそうなコボルトとともに、底引き網漁。
http://joke777.com/mousou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>