同人誌即売会 お勧めポスター立て POPスタンド

コミケなどに行くと、サークルブースにポスターが飾っています。じゃあ自分もポスターを飾ろうと思うとぶつかる問題が、そもそもポスター立てを持っていない。

というわけで、ここではお勧めのポスター立てを紹介したいと思います。ただ今まで4種類ほどポスター立てを買ってきたものの品番などを覚えているのは1つだけなので、主に選ぶコツとなりますが……。

 

◆初心者向けポスター立て

こんな感じの形状の卓上ポスター立てです。

選ぶ時のポイントとしては、まずは高さと伸縮性です。同人誌即売会で目立つためには、高さが大切になります。高さを調整できるものなら、はじめはA4サイズの小さなポスターを飾って、慣れてきたらB4サイズのポスターを飾る事もできます。高さは70cmまで伸びれば卓上としては十分です。横幅は25cmぐらいあればOKです。ちょうどB4(257mm×364mm)サイズですね。

しかし僕の場合はA2(420mm×594mm)ポスターを50cm定規にテープで貼り付けて、その定規をポスター立てに飾ることで強引に展示しています。卓上としてはA2サイズが限界でしょう。これより大きいと、ポスターだけで一般的なサークルブースの横幅を半分以上くってしまうためです。もっと大きいポスターを飾りたい場合は、床置のポスター立てを使いましょう。

 

◆中級者以上むけポスター立て

同人誌即売会に何回も出て、さらに大きなポスターが飾りたくなったら、床置き式を考えてみましょう。正直あんなのどうやって持ち運ぶんだという気がしますが、実はいい商品があります。

PO.SU.TA. というのがそれで同人誌即売会向けに作られた専用の大型ポスター立てです。細かく分解できるようになっており、徒歩でも普通に持ち運べる範囲に収まります。オプション品の持ち運びケースに入れると、一見するとフルートでも入っているような感じのサイズです。ところが組み立てれば最大2mの高さを誇り、高さだけでなく横幅も調整可能で、汎用性が高いです。ややお値段は張りますが、継続して使う予定なら持ち運びケースごと買うと便利です。

なおポスターそのものは、家庭用プリンタで印刷する事が不可能なサイズなので、印刷屋さんに依頼する事になります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ