覇県を握れの経済システム

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

A. メルマガを初めて読む方へ
B.覇県を握れ 地方債
C.四国志すぺしゃるのキャンペーン当選者発表


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、ミリタリー関係などについて、できるだけ面白く、興味深く書いていきます。でもやっぱり、製作中のゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・製作中のゲーム一覧
http://wargame.jp/main/special/sinnsaku/index.htm


 B.覇県を握れ 地方債


先週のメルマガでは、「四国志大戦」、「四国志すぺしゃる」の経済周りのシステムを比較しました。

今度は現在製作中で、47都道府県でプレイできる「覇県を握れ」の経済システム案を紹介します。

 

まず都道府県ごとの歳入歳出をベースに、各エリアの収入と支出を設定。そして毎ターン、「収入-支出」分の資金が手に入る。ここまでは、普通のSLGと同じですね。

ただし現実の財政状況を元しているため、ほとんどの都道府県は赤字です。つまり毎ターン資金が減っていくという、とんでもない状況になります。

 

四国志大戦では、赤字だと軍隊が弱くなる代わり、資金そのものは赤字でも手に入るという方式を取っていました。対して覇県を握れでは、プレイヤーが任意で「地方債」を発行できるようにします。

とどのつまり、借金をしながら県を運営するわけですw。

 

もちろん借りすぎると、どんどん負債が膨らんでいき、借金を返すために、さらに地方債を発行するという悪循環に陥ります。

そうなると、財政破綻を待つのみなので、手遅れになる前に収支を改善しなければなりません。


 C.四国志すぺしゃるのキャンペーン当選者発表


四国志すぺしゃるの「四国の特産品が当たるキャンペーン」の当選者を発表します!

 

◆香川・・・酒池うどんセット
solticeさん


◆徳島・・・地元有名店のスイーツ
アクナキ@みゃたろーさん


◆愛媛・・・四国志すぺしゃるランチョンマット(今治製) + α
ユメカさん


◆高知・・・方言監修者が買いつける高知物産セット
筆さん

 

応募件数は105件で、人気がある順から香川、高知、愛媛、徳島でした。

当選者の方には別途メールを送るので確認よろしくお願いします。

 


◆本日の毎日ジョーク診断
女木鬼姫の今日の妄想は、江戸時代に意志薄弱なおじいちゃんの、炊いた米がデロデロすぎる。
http://joke777.com/mousou

タグ

このページの先頭へ