ばるばろっさ!のSteam進出を断念

【日本戦争ゲーム開発通信】
2017/6/24号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□


◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B. ばるばろっさ!のSteam進出を断念
C. 橙天の銀翼Ver1.3
D. 橙天の銀翼 もろもろ報告
E. 巡礼ミサイル お遍路さん

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・主要作品紹介
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm

・製作中のゲーム
http://wargame.jp//main/special/sinnsaku/index.htm

 

 


 B. ばるばろっさ!のSteam進出を断念


世界最大のゲーム販売サイト「Steam」。
そこへの登録を目指していた「ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~」ですが、計画を断念しました。
投票数、お気に入り数ともに十分だったにもかかわらず審査に通らなかったのです。

エロは外部パッチにすれば通る事は判明しているので、通らなかった原因は主人公のエデルガルトがナチっぽく見えたからのようです(実際ナチっぽいですが)。
類似の事例としては、「燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん」というゲームが、Steamに通らなかったという話が知られているようです。

パブリッシャーいわく、「シナリオ設定を変更して、はるか銀河の彼方でブロッケン極悪帝国と赤熊共和国が戦争してることにすれば通る」だそうですが、そこまでしてSteamに出す意味があるかと言われると……というわけです。

投票などで協力していただいた皆さんには申し訳ありませんが、無理なものは無理だったようです。



それはさておき、7/2までBOOTHで「へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!~」と「ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~」のセールを行っています。独ソ戦開始の6/22に合わせたセールですね。 
https://booth.pm/ja/items/64417
https://booth.pm/ja/items/203774

へべれけ!は2070円→1000円。
ばるばろっさ!は2160円→1250円。


DLsiteでも、へべれけ!は半額セールをやっています(ばるばろっさ!はサイトの仕様上無理だった)。

というわけで、気になっていた方はこの機会に是非お楽しみください。

 


 C. 橙天の銀翼Ver1.3


先週公開した「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」。
Ver1.3に更新しました。

「_初めにおよみください&バージョン情報.txt」に載せている、更新版確認リンクからダウンロードしてください。
誤字の修正のほか、メイジ天皇エンディングの加筆、開発室のおまけ戦闘の追加が行われています。

 


 D. 橙天の銀翼 もろもろ報告


◆他の販売サイトでの取扱について
当初はDMMやデジケットでの取扱は、7月上旬で考えていました。
しかし、必要な素材が思ったより早く届いたので、繰り上げ公開する事にしました。
デジケットではすでに取扱い開始。DMMでも審査に通り次第販売します。

 

◆元ネタ帳
販売サイトへレビューを投稿し、フォームから応募した方全員に、元ネタ帳を渡しています。
キャラクター、地名、技術、宗教など130近い項目について、元ネタや詳しい意味を解説しています。
http://wargame.jp/main/toutenn/review.htm

 

◆公式ページからの購入に感謝
先週のメルマガで、橙天の銀翼を買う場合、公式ページからDLsiteに飛んで買うようお願いしましたが……。
おかげさまで、2万円ほど手取りが増えました。
イラスト1枚ちょっと分の依頼費になりますね。

販売サイトは、サークル公式ページからのアクセスに対して、アフィリエイトボーナスを与えている事が多いです。
DLsiteでは販売価格の7%前後。デジケットでは20%、DMMに至っては35%に達します。

ゲームの価格が2000円の場合、だいたい500円ぐらいは販売手数料として差っ引かれて、作者の手取りは1500円ぐらいです。
アフィリエイトボーナスがつくと、DLsiteで140円、DMMでは700円ほど手取りに加算されます。
DMMだと販売価格より手取りが大きくなる場合もあります。

 


 E. 巡礼ミサイル お遍路さん


現在製作中の「四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」。
http://wargame.jp/main/yonngokusi_sp/index.htm

前作「四国志大戦」になかった要素として、「戦略爆撃」があります。
といっても、爆撃機で他県を火の海に変えるのではなく、「巡礼ミサイル お遍路さん」という謎兵器を撃ち込みますw。

このミサイルが着弾すると、住民は四国八十八ヶ所霊場めぐりに行きたくて仕方がなくなり、エリアの人口が減ったり、軍部隊の移動が不可能になります。
特に部隊の移動を妨げる効果は強烈で、一時的に側面の安全を確保するという使い方ができます。

 

ウィキペディアより四国八十八ヶ所霊場について
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%AE%87%E6%89%80

 

余談ですが、本作のメインヒロイン「女木鬼姫」は、四国八十八ヶ所に所属するお寺の隣にある、全く関係ない寺の住職という設定です。
隣の寺は観光客が何もしなくても来るのに、うちにはさっぱり来ないと恨んでいますw。

 

~設定の元ネタ~
取材旅行中に、とある酒場で仕入れた噂によると、「ベンツに乗っているお坊さんがいたら、八十八ヶ所関係だと思え」との事。
お遍路さんのツアーがあるので、もうかるそうな。

 

~パトロンの方へ~
パトロンの方向けに巡礼ミサイルお遍路さんのより大きな画像を載せておきました。
https://enty.jp/posts/54445

パトロンについてはこちらで説明しています。
http://wargame.jp/main/bosyu/patron.htm

 


◆本日の毎日ジョーク診断
空閑三郎の今日の妄想は、室町時代に犬好きの友達の知り合いで、腹を切る。
http://joke777.com/mousou/

 

 

タグ

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~ 発売!

【日本戦争ゲーム開発通信】
2017/6/17号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」、ついに発売です!

2010年のノイアーアンティーカロマン以来となる、ファンタジー&ミリタリーRPGです。
興味がある方は是非お楽しみください。
※18歳以上対象です。

 

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B. 橙天の銀翼 発売
C. 購入を検討している人へ
D. 第二回四国取材旅行
E. パトル2のMOD更新

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・主要作品紹介
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm

・製作中のゲーム
http://wargame.jp//main/special/sinnsaku/index.htm

 

 


 B. 橙天の銀翼 発売




上にも書きましたが、「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」を発売しました。

18歳以上で興味がある方は是非お楽しみください。

http://wargame.jp/main/toutenn/index.htm

 


 C. 購入を検討している人へ


「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」を購入を検討されている方への諸連絡です。

購入予定が無い方は読まなくても問題ありません。

●販売サイトについて
最初はDLsiteだけで販売します。
DMMやデジケットでは、3週間から1月後に発売する予定です。
他の販売サイトでも、発売直後はDLsiteと同じく早期購入キャンペーンを行います。

●ちょっとしたお願い
できればで構わないのですが、公式ページの下部……
http://wargame.jp/main/toutenn/main.htm#kounyuu
からDLsiteにアクセスして、買ってもらえると助かります。

こうすると、DLsiteに直接アクセスして買った場合に比べ、こちらの手取りが少し増えるのです。
売上は次回作の原資にもなるので、よろしければご協力ください。

 

●DLsiteの作品評価ボタン
事前にDLsiteにユーザー登録したうえで購入すると、「作品評価」ができます。
これはDLsiteの”マイページ”の”マイ評価”から作品を5段階で評価できるシステムです。

評価をするとDLsiteで使えるポイントが貰えます。しかし、評価基準が一般に考えるものとは違うので注意が必要です。
以前、DLsiteのRPG300作品の評価をチェクしてみた事があるのですが、評価アイコンが3未満のものは存在しませんでした。
言い換えると平均評価3が最低値です。「面白かったから3」とかはやめてくださいね。

評価5…良い
評価4…いいかも
評価3…良くない
評価2~1……全てが駄目

ぐらいのイメージだと思います。

 

 


 D. 第二回四国取材旅行


「橙天の銀翼」発売までの待ち時間を使って、急遽、第二回四国取材旅行に行ってきました。

「四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」の取材ですね。
公式ページ(R18): http://wargame.jp/main/yonngokusi_sp/index.htm

昨年10月と異なり、ゲーム中で登場するエリアも確定しているので、ひたすら作中で登場する自治体を回ってきました。


トラブルも多く、時間も限られていて大変だったのですが、現地でしか得られない濃い情報や、素材として使える写真も大量に手に入りました。

事前の情報収集では、各自治体の観光協会とか商工会とかにも電話をかけまくって、観光情報だけでなくその土地の話とかを聞いたりしました。

「個人的に作っているゲームで、でそちらの地域を出したいので、地元の自慢できる事について教えてください」といった感じで聞くと、張り切って教えてくれたりしましたが、まさかこんなゲームのネタ収集だとは夢にも思うまい。

完成したら是非見てみたいと言われると、言葉を濁すしかない(エロゲーだからしかたないね)。

 

何はともあれ、これで四国志のディープさに磨きがかかるのは間違いないです。

 


 E. パトル2のMOD更新


某Sさんが作っているパトル2のMODが更新されました。


MODはパトル2の二周目以降を遊ぶ人や、一度クリアして久々にパトル2を
遊ぶ人に特にお勧めです。
パトル2本体を購入している人であれば無料で使えるので、興味があれば
秘密のページからダウンロードしてみてください。

 

 

 


◆本日の毎日ジョーク診断
空閑三郎の今日の妄想は、バミューダでネットで知り合ったひいひいおばあさんといっしょにいたら、二人そろって落雷にあう。
http://joke777.com/mousou/

 

タグ

橙天の銀翼は1週間後に発売

【日本戦争ゲーム開発通信】
2017/6/10号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

橙天の銀翼の発売まで、あと1週間です!

 

◆目次◆
A. メルマガを初めて読む方へ
B. 橙天の銀翼 各種キャンペーン
C. パトロンの方への配布予定
D. コミックマーケット当選

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・主要作品紹介
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm

・製作中のゲーム
http://wargame.jp//main/special/sinnsaku/index.htm

 

 

 


 B. 橙天の銀翼 各種キャンペーン


「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」の発売は、1週間後の6/17です。
公式ページ(R18): http://wargame.jp/main/toutenn/index.htm
価格は税込みで2052円。

 

発売間近という事で、各種キャンペーンについて書きます。
まず最初に断っておきますが、割引キャンペーンはやらないです。
一昔前と異なり、販売サイトが公式の割引キャンペーンを頻繁に行うようになったためです。
今回に関しても、発売直後はDLsite公式のポイントアップキャンペーンと被っていたりします。

では改めてキャンペーンの紹介を……。

 

◆早期購入キャンペーンA
7/17までに購入してダウンロードされた方には、オリジナルBGM全14曲のサウンドトラックを同封します。

 

◆早期購入キャンペーンB
発売初日(6/17および6/18早朝)にゲームを買ってダウンロードした場合は、隠しキャラを仲間にするためのパスワードを同封します。
このパスワード自体は、早期購入しなくてもエンディング後に手に入るのですが、最初から知っていると選択肢が増える感じです。
なお、購入後は速やかにダウンロードお願いします。翌日にはサーバー上から特典を削除してしまうためです。

 

◆DLsiteポイントアップキャンペーン
DLsiteにユーザー登録したうえで、6/19正午までに橙天の銀翼を購入し、90日以内に評価をつけると、20%(約400円)のポイントバックがあります。
たまたまDLsiteが、この時期にキャンペーンを行っているのです。
実質1600円ぐらいで橙天の銀翼が買えますね。



複数のキャンペーンが並んでいてややこしいのでまとめると……。
DLsiteのユーザー登録をしたうえで、ゲームを発売初日に買って、速やかにダウンロード。
あとは90日以内にDLsiteで評価をつけるとすれば、全キャンペーンの恩恵を受ける事ができます。

 

特典の事もありますが……。
橙天の銀翼を買うと決めている方は、できれば発売初日に買っていただけると助かります。
購入を初日に集中させて、ダウンロード販売サイトのランキングに載せたいためです。
うまくいけば、より目立つ位置に表示されるので、注目を集められるはずです。

 

 

 


 C. パトロンの方への配布予定


Entyで月600円以上の支援をされている方には、6/17当日に橙天の銀翼のゲーム本体と、全特典を配布します。

パトロンの方は発売後、Entyのページにアクセスしていただくようお願いします。

 

なお本作を作るにあたっては、特に以下の方の資金援助が助けになりました。
toumaさん
横田さん
揺らぐ藻さん
dodoroさん
夜のヴァージニアさん
ころっくすさん

改めて感謝します!

 

橙天の銀翼でも、パトロンの寄付により何曲かBGMを追加していたりします。

 

 


 D. コミックマーケット当選


8月11日(金)のコミックマーケット92に当選しました。

ブースは東地区 ”す” 19aです。

なおコミケで販売する橙天の銀翼のパッケージ版には、全特典を同封するのでご安心を。

 


◆本日の毎日ジョーク診断
空閑三郎の今日の妄想は、山口県で裸ネクタイのいとこの、切腹の介錯をする。
http://joke777.com/mousou/

タグ

2017年6月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

保護中: 橙天の銀翼 サポートページ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ

2017年6月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サポートページ

四国志すぺしゃる の公式ページ公開

【日本戦争ゲーム開発通信】
2017/6/3号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B. 四国志すぺしゃる の公式ページ公開
C. 橙天の銀翼 間もなく完成
D. RPGツクールMVの軽量化について

 


 A.メルマガを初めて読む方へ


このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、先にこちらのページを見ておくとメルマガをより楽しめます。

・主要作品紹介
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm

・製作中のゲーム
http://wargame.jp//main/special/sinnsaku/index.htm

 

 

 


 B. 四国志すぺしゃる の公式ページ公開


「四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」の公式ページを公開しました。

※R18作品
http://wargame.jp/main/yonngokusi_sp/index.htm


今はキャラ紹介とストーリーだけですが、いずれシステム面の説明も追加していきます。

メルマガでも紹介した事がないキャラも載せているので、年齢的に大丈夫な人は是非御覧ください。

 

それとパトロンの方向けの記事も更新しました。
愛媛のヒロイン、ソフィに関してです。
https://enty.jp/posts/52014?ref=newest_post_pc

パトロンについてはこちらで説明しています。
http://wargame.jp/main/bosyu/patron.htm

 


 C. 橙天の銀翼 間もなく完成


6/17発売の「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」。
公式ページ(R18):http://wargame.jp/main/toutenn/index.htm


本作のイベントCGは、R18ものが大半なのですが、温泉イラストは全年齢差分も作っているので、載せておきます。


http://wargame.jp/mel/2017_4tou/onnsenn.jpg

 背景の灯籠のデザインも面白いですよね。


現在はテストプレイヤーの協力のもと、最終調整をしています。

細かいイベントの追加や、ハードモードの実装なども行いました。

DLsiteのお気に入り数も多いので、当初予定していたよりも時間をかけて作り込みました。

 

来週のメルマガでは、ユーザー登録者特典や、早期購入特典について書くのでお楽しみに。

 


 D. RPGツクールMVの軽量化について


ツクールMVの技術的な話になります。

製作者向けなので、興味がある方のみお読みください。

http://wargame.jp/wgbl/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%A3%BD%E4%BD%9C/rpg%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%ABmv%E3%81%AE%E8%BB%BD%E9%87%8F%E5%8C%96%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

 


◆本日の毎日ジョーク診断
空閑三郎の今日の妄想は、鳥取砂丘で全体主義者の数学教師と、ドッグファイト。
http://joke777.com/mousou/

タグ

2017年6月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

RPGツクールMVの動作軽量化対策について

ツクールMVでゲームを作る上での技術的な話になります。

 

まずツクールMVは、2Dゲームの割には動作が重いです。

出たての頃のツクールXPなんかよりはずっとましですが、性能が並以下のパソコンで動かそうとすると、意外とカクつきます。

どうしようもないので、いつもの方針、すなわち高スペックなパソコンで遊びましょうという方針にしていたわけですが……。


ふぅりん堂さんから、たまたまツクールMV軽量化の話を聞いたので、自分なりに実験をして、「橙天の銀翼」の軽量化に取り組んでみました。

 軽量化の方法については後で解説するとして、どの程度の効果があったかを先に書きます。

 

 ・Win8.1   Atom Z3735F 1.33Ghz    2GB  タブレットPC
改良前は、処理落ちやクラッシュが多発。かろうじて動作はするが、遊ぶのは困難。一歩歩くごとにカクつき、戦闘開始まで待たされ、決定ボタンも処理が追いつかないのか認識しない事があった。
改良後は、快適とはいえないものの、一応遊べるレベルになった。
相変わらず処理は重いが、クラッシュは無し。BGMはなり始めるのに5秒程度かかる。

 ・Win10  Intel Core i5-560UM 1.33Ghz    2GB   ストレージはSSD
改良前は、快適とはいえずストレスがかかるが、なんとか遊べるレベル。
改良により、起動時間やロード画面表示時間が大幅に短くなり、全体的な動作も速くなった。BGMの再生が遅れたり、稀に鳴らない事がある以外は、完璧ではないが快適に遊べる状態。

これよりややスペックが高いパソコンでは、概ね快適に遊べるようになった。

 

 


 以下具体的な方法。

◆Enigma Virtualboxの罠

ツクールMVの説明書で推奨されているEnigma Virtualboxでパッキングして難読化すると、動作がかなり重くなります。

パッキングと非パッキングデーターで比べてみた所、起動時間やロード画面の表示にかかる時間が、場合によっては倍以上違いました。

低スペックパソコンで遊ぶ場合は、数十秒の差になりえます。

またCPU使用率も全体的に高くなっている事が確認できました。メモリ使用量も少し上がっていたかもしれません。

ツクールMVのエディタについている暗号化機能の方がずっと軽いので、難読化にはそちらを使った方が無難です。

 

◆基幹システムの問題
※2017/6/8にツクールMV本体のコアスクリプトに、RPGアツマール版コアスクリプト1.2Cが取り込まれました。
そのため、現状軽量化のためだけにアツマール版コアスクリプトを導入する必要はありません。

リリース直後に比べるとマシにはなったとはいえ、2017年6月3日現在の最新版でも、ツクールMV本体の軽量化は十分ではありません。

動作をより快適にしたいのなら、RPGアツマール版コアスクリプトを導入するといいでしょう。

RPGアツマール版コアスクリプトは、いずれツクールMV本体のバージョンアップに取り込まれていくそうですが、現時点では軽量化のメリットが大きいです。
http://blog.nicovideo.jp/atsumaru/atsumaru-corescript.html

他にもNW.jsの上書きという方法もあるようです。
http://b.dlsite.net/RG26890/archives/upgrading_nwjs_within_rpgmakermv

アツマール版コアスクリプトが今後の更新でさらに改良される可能性が高いと考え、僕の場合は、アツマール版コアスクリプトを使う方法を取りました。

 

◆RPGアツマール版コアスクリプトの罠

導入すると、ゲームの動作が一部変わったり、すでに導入しているプラグインと干渉してエラーが起きるかもしれません。デバッグは必須です。

また、多岐にわたる項目を変更する、軽量化プラグインとの併用は避けたほうが無難でしょう。

 

僕が導入した、community-1.2c版コアスクリプトには、メモリ管理機能がついているのですが、デフォルトではメモリに溜め込める画像データの容量がかなり低く設定されています。

確かにメモリ使用量は減るのですが、メモリを活用しきれず、逆に快適さが損なわれる可能性もあります。

 

パソコン専用ゲームなら、アツマールコアスクリプトに同封されている、ベーシックプラグインを導入する事で、メモリにキャッシュできる上限値を増やした方がいいです。

プラグインの初期設定は20になっていますが、実は20の時点でプラグイン非導入時より上限値が上がっているように思えます。
(ベーシックプラグインのメモリ上限初期値がコアの初期値と一致していないのは一種のバグらしく、修正の予定があるようです。)

 

こちらが作っている「橙天の銀翼」は、多めに画像をキャッシュできた方が都合がいいため、数値を引き上げて30にしました。

 

30でタイトル画面でのメモリ使用量は300MB、ゲーム中での瞬間最大使用メモリは900MBほどでした。

実装メモリが2GBのパソコンの場合は、システムで1GBぐらいのメモリは使ってしまうので、低スペックパソコンで動かすつもりなら、これぐらいが許容できる上限値じゃないかと思います。

 

様々なパソコンスペックのテストプレイヤーに比較テストをお願いした所、ベーシックプラグイン無しとあり(30)では全てにおいて後者の方が評判がよかったです。

 

◆RPGアツマール版コアスクリプトと併用できた軽量化プラグイン例

他にもあると思いますが、橙天の銀翼では以下を用いています。

・セーブ/ロード画面高速化
http://ytomy.sakura.ne.jp/tkool/rpgtech/tech_mv/menu/accelerate_file_scene.html
重くなりがちなセーブ/ロード画面を軽量化します。

 

・YEP.81 – FPS Synch Option
http://yanfly.moe/2016/03/10/yep-81-fps-synch-option/
目標FPSに同期するかどうかのオプションを追加します。
デフォルトでは初期値はfalseに設定されているものの、trueにしておいた方がいいと思います。

trueの場合は 、ツクールMVのデフォルトと同じく、同期をする。
つまりスペック不足などで画面描写が間に合わない場合は、描写を飛ばす事でゲーム速度を維持します(カクつく)。
falseにして同期を切ると、描写が間に合わない時は、動作を遅くする事で一コマずつ描写します(スローモーションになる)。

複数のテストプレイヤーに実験してもらった所……
・低スペックで動作が非常にきついパソコン → 同期OFFの方が快適。
・スペックがやや不足しているパソコン → 同期ONの方が快適。
・スペックが十分なパソコン → 同期ONの方がやや快適。

同期をOFFにした方が快適になるのは、ギリギリ遊べるかどうかというスペックの場合だけでした。
多少スペックが足りないぐらいだったら、描写を飛ばして速度を維持した方が体感的にはサクサク動いて快適です。

 


 

 ◆その他軽量化に役に立ちそうな情報

大量のイベントが配置された巨大マップは負荷が大きいので、複数のマップに分割するなどして、1つ1つを小さくしたほうが無難です(僕はでかいマップが好きなので無視しますが)。

 

ツクールMVのデフォルトの画像や音楽ファイルは、高品質すぎて重いです。
メモリも食いますし、読み込み時間も長くかかる可能性があります。

ツクールMVには容量削減版の素材があるので、それに置き換えましょう。
Steam版の場合は、Steam上でRPG Maker MVを右クリックし……。
プロパティ→ローカルファイルタブ→ローカルファイルを閲覧→
dlc フォルダ→ BaseResource_Compressedフォルダ
と探せば、容量削減版が見つかります。

それ以外の素材の容量を削減するにはこちらのサイトを参照するといいでしょう。
http://fanblogs.jp/tabirpglab/category_29/

ただ、ありとあらゆるファイルの容量を削減すると、どうしても品質が落ちます。
そういう場合は、例えば大切な1枚絵などは容量を落とさないで、他のファイルのみ対策するなどメリハリをつけてやるといいでしょう。

 

タグ

2017年6月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ゲーム製作

このページの先頭へ