万人受けする難易度?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□【日本戦争ゲーム開発通信】□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□軍事とゲーム制作のメルマガ□□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□□□□2012/06/30号□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールアドレスの変更や登録の解除を希望される方は、次のURLをクリックして
画面の指示に従ってすすめてください。
http://wargame.jp//main/special/touroku_kaizyo_hennkou2.htm
===================================
日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
今回はゲームバランスに関する工夫について書こうと思います。


◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B.万人受けする難易度を目指して


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.メルマガを初めて読む方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、
こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、「ダンジョン・アーミー」や
「パトルの軍事博物館」を知らない方は、次のページを軽く見ておくと
よりメルマガを楽しめると思います。
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
B.万人受けする難易度を目指して
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲームを作る時は実にいろいろな事を考えないといけませんが、難易度設定も
頭が痛い問題です。
特に次回作「WWⅡ英雄列伝ヴィットマン」はシミュレーションなので、
プレイヤーの得手不得手が大きく影響します。
RPGだと雑魚敵と戦いまくってレベルアップすれば苦手な人も乗り切れたり
するのですが、今作ではそうもいきません。だからといって難易度を下げると、
今度は簡単すぎると感じる人が出てきます。
そこで今回は幅広いプレイヤーに対応するために、凝った対策をしています。


◆発展型難易度設定
様々な技量のプレイヤーに対応するため、戦闘難易度を選べるゲームは
多く見られます。
ところが、イージー、ノーマル、ハードから自由に選べる形式にすると、
うまい人も苦手な人も、ノーマルを選んでしまいがちです。
遊ぶ前に難易度を知りようがないので、上級者はとりあえずノーマルを
選び、ゲームが苦手な人も「イージーを選ぶと悔しい」という事で、
ノーマルを選んでしまったりします。
今作ではSLGの得手不得手や、ゲームを遊ぶ時の嗜好を簡単な質問から分析
し、難易度を自動的に設定します。これにより、最初から調度良い難易度
設定で遊ぶことができます。
また難易度の名称を「ヒストリカル」や「ヒロイック」といった感じに
して、「イージーが悔しいから無理してノーマル」といった事を起きに
くくしています。
ちなみにこの難易度設定システムは、ゲーマー種族診断の研究が元に
なっていたりします。

◆絶対に詰まらない構成
中級者がヴィットマンを遊ぶと、そこそこ難しいと感じるはずです。
ところがこのゲーム、仮にSLGが苦手な人が高難易度で遊んでも、絶対に
エンディングまで進めます。
妙な話ですが、ちょっと変わった構成になっているのです。



—————————-カウントダウン—————————–
WWⅡ英雄列伝ヴィットマン
公開まで後21日


————————————最近の更新————————
特になし


◆Twitter
http://twitter.com/#!/MutoFP

◆ブログ
http://wargame.jp/wordpress/

タグ

2012年6月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

ヴィットマンの公開日予定日決定!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□【日本戦争ゲーム開発通信】□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□軍事とゲーム制作のメルマガ□□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□□□□2012/06/23号□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールアドレスの変更や登録の解除を希望される方は、次のURLをクリックして
画面の指示に従ってすすめてください。
http://wargame.jp//main/special/touroku_kaizyo_hennkou2.htm
===================================
日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
今日は次回作の公開予定日を発表します。


◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B.ヴィットマン公開予定日
C.ファンタジーRPG職業診断 イラスト募集中
D.コミケに出ます


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.メルマガを初めて読む方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、
こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、「ダンジョン・アーミー」や
「パトルの軍事博物館」を知らない方は、次のページを軽く見ておくと
よりメルマガを楽しめると思います。
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
B.ヴィットマン公開予定日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回作「WWⅡ英雄列伝ヴィットマン」は、7/20(金)に公開予定です!
おおよそ1月後ですね。ゲームとしてはほぼ完成していて、後はテストプレイ
報告を聞いた後、自分で最終チェックすれば問題なく出せるはずです。

ちなみに体験版ですが、製品版の公開と同時か製品版の直前に出すことに
なります。というのもイラストレイターに依頼したタイトル画面が、まだ
届いていないためです。

今しばらくお待ち下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C.ファンタジーRPG職業診断 イラスト募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ファンタジーRPGの世界に出てくる職業うち、どれが適職かを診断する、
「ファンタジーRPG職業診断」を製作中です。この診断で使う、各職業の
オリジナルイラストを募集しています。このメールを読んでいる方で、
その手のイラストを描いている人は少ないかと思いますが、当てはまる
人がいれば是非お願いします。
http://seikaku7.com/fantasy/bosyuu.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
D.コミケに出ます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本戦争ゲーム開発は8月11日(土)のコミックマーケット82に出展
します。今まで作ったゲームのほか、WWⅡ英雄列伝ヴィットマンの
パッケージ版も持っていけるとおもいます。



—————————-カウントダウン—————————–
WWⅡ英雄列伝ヴィットマン
公開まで後28日

—————————-追記—————————————
ポケモン ホワイト2買ってきます。ポケモンを遊ぶのはおよそ15年ぶり
だったりします。

————————————最近の更新————————
特になし


◆Twitter
http://twitter.com/#!/MutoFP

◆ブログ
http://wargame.jp/wordpress/

タグ

真面目なゲーム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□【日本戦争ゲーム開発通信】□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□軍事とゲーム制作のメルマガ□□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□□□□2012/06/16号□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールアドレスの変更や登録の解除を希望される方は、次のURLをクリックして
画面の指示に従ってすすめてください。
http://wargame.jp//main/special/touroku_kaizyo_hennkou2.htm
===================================
日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。


◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B.真面目なゲーム
C.パトルの軍事博物館+幻想郷パッチ
D.ファンタジーRPG職業診断



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.メルマガを初めて読む方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、
こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、「ダンジョン・アーミー」や
「パトルの軍事博物館」を知らない方は、次のページを軽く見ておくと
よりメルマガを楽しめると思います。
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
B.真面目なゲーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回作「WWⅡ英雄列伝ヴィットマン」は、今までの作品と方向性がかなり
違います。ジャンルが、ユニットを動かすSLGというのもあるのですが、
最大の違いは「まじめなゲーム」という点です。

日本戦争ゲーム開発の作品は、パトルにしろ、アンティーカロマンにしろ
バカゲーチックなふざけた雰囲気が特徴です。キャラが変だったり、題材が
変だったり。(もちろんマニアックな軍事ネタも特徴です)

今作は第二次世界大戦の戦車エース「ヴィットマン」をテーマにしており、
しごく真面目なゲームです。硬派と言い換えてもいいかもしれません。
何人かのテストプレイヤーからは「伝記SLG」と言うのがしっくり来ると
言われました。ヴィットマンの戦歴を追体験するゲームいう評価もあり
ました。

なお今までのRPGよりの作品と異なり、キャラがしゃべる事はありません。
その代わり作戦解説画面で、ヴィットマンが史実で言った台詞や様々な
エピソードを紹介しています。例えばヴィットマンの座右の銘は
「見かけ以上のものであれ」だったという感じです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C.パトルの軍事博物館+幻想郷パッチ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
某Sさんが作っている、パトルの軍事博物館に同人シューティング東方の
キャラを出したりする、幻想郷パッチが1週間ほど前に更新されました。
ご利用の方はお手数ですが、秘密のページからダウンロードしてください。
今回はバグの修正との事です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
D.ファンタジーRPG職業診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
性格診断セブン用に、「ファンタジーRPG職業診断」を開発中です。

もし君がファンタジーRPGの世界に突然ワープしてしまったら、性格的に
満足感を得られる可能性が高い職業は何なのだろう。という事を診断します。


戦士や魔法使いといった定番から、国王や司教といった偉い職業、魔王や勇者
といった伝説の職業、農民や村人といった地味なものまで各種取り揃える
予定です。
職業についての説明から、就職方法、年収の目安、どういう能力や性格が
求められるかの解説付きです。完成したらまたお知らせします。


————————————最近の更新————————
特になし


◆Twitter
http://twitter.com/#!/MutoFP

◆ブログ
http://wargame.jp/wordpress/

タグ

2012年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

ゲーム制作の原動力

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□【日本戦争ゲーム開発通信】□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□軍事とゲーム制作のメルマガ□□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□□□□2012/06/09号□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールアドレスの変更や登録の解除を希望される方は、次のURLをクリックして
画面の指示に従ってすすめてください。
http://wargame.jp//main/special/touroku_kaizyo_hennkou2.htm
===================================
日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
今回は僕がゲーム制作を続けている理由などを話そうと思います。


◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B.ゲーム制作の原動力
C.最終テストプレイヤー募集



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.メルマガを初めて読む方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、
こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、「ダンジョン・アーミー」や
「パトルの軍事博物館」を知らない方は、次のページを軽く見ておくと
よりメルマガを楽しめると思います。
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
B.ゲーム制作の原動力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本戦争ゲーム開発初期の作品の1つに、「激烈買い物作戰」があります。
http://wargame.jp/main/shopping/shopping.htm
透明人間になって、お馬鹿な王様にイタズラを仕掛けるという、正真正銘の
バカゲーです。当時アドベンチャーゲームをやった事がない作者が
何故かアドベンチャーゲームを作りたくなって作った謎のゲームです。
何気に日本戦争ゲーム開発で唯一Vectorレビューを受けた作品だったり
します。

最近このゲームの感想が来ました。
「久しぶりにゲームらしいゲームを遊びました!」とか「探究心をくす
ぐられる」という変わった感想だったのですが、下手するとこのゲーム
では5年ぶりの長文の感想だったので、かなり嬉しかったです。

僕がゲームを作り始めた理由は、ゲームが好きで自分でも作ってみたい
という、よくあるパターンです。しかし「作り続けている」のは、ゲームを
遊んだ人に喜んでもらえたというのが非常に大きいです。

ゲーム制作は楽しいですが、非常に大変です。
何百、何千時間をかけて作っても、完成したゲームのプレイ時間は
その何十分の一だったりするのです。

あまりに大変なので、ゲーム制作はこれで最後にしようと思いながら
初めて一般公開したのが「アンティーカロマン」です。

ところが反響が思ったより大きく、嬉しくなって次の「激烈買い物作戦」
を作りました。そして「激烈買い物作戦」も多くの感想が寄せられたり、
コンテストで賞を取ったりしました。それではと、今までの作品を超える
ぞと作り始めたのが「パトルの軍事博物館」です。

作るのに夢中になりすぎて、法律家の試験に滑り、さらに就職活動も
失敗して無職になるというオチが付いてしまいましたが・・・。

今は自作ゲームで生活するという、夢に挑んでいます。
完全に趣味で作っていたその頃と違い、利益を上げないとゲーム制作
自体ができなくなってしまいます。売上を意識していると忘れがち
ですが、「ゲームを遊んだ人に喜んでもらえた」。この原動力は忘れない
ようにしたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C.最終テストプレイヤー募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(ユーザー登録者向けの内容なので省略)

————————————最近の更新————————
特になし


◆Twitter
http://twitter.com/#!/MutoFP

◆ブログ
http://wargame.jp/wordpress/

タグ

2012年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

作曲担当者さんにインタビュー

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■□□□□□【日本戦争ゲーム開発通信】□□□□
□□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□軍事とゲーム制作のメルマガ□□□□
□□■●●●●●●●●●●●■□□□□□□2012/06/02号□□□□□□□
□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールアドレスの変更や登録の解除を希望される方は、次のURLをクリックして
画面の指示に従ってすすめてください。
http://wargame.jp//main/special/touroku_kaizyo_hennkou2.htm
===================================
いつもゲームを楽しんで頂きありがとうございます。
日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
今回はいつも日本戦争ゲーム開発の音楽を作ってくださっている、
ぽれゆきおさんへのインタビューを載せています。



◆目次◆
A.メルマガを初めて読む方へ
B.作曲担当さんにインタビュー
C.ComicCommunicationに参加します



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.メルマガを初めて読む方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガでは、ゲーム製作、最近あった面白い事、ミリタリー関係、
こんな感じの話を、できるだけ楽しく愉快に書いていきます。

でもやっぱりゲームの話題が多いので、「ダンジョン・アーミー」や
「パトルの軍事博物館」を知らない方は、次のページを軽く見ておくと
よりメルマガを楽しめると思います。
http://wargame.jp/main/sakuhinn_kaisetu.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
B.作曲担当さんにインタビュー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在製作中の「WWⅡ英雄列伝ヴィットマン」の曲は、全てぽれゆきおさんに
作ってもらっています。ダンジョンアーミーの曲や、パトルの一部の
軍歌アレンジをお願いした人でもあります。
そんなぽれゆきをさんに、今作の曲についてインタビューしてみました!


◆今作の曲を作る時に苦戦した事は?
アドルフ・ヒトラー近衛連隊行進曲が難しいメロディー&難しいリズムで、
元の曲のどこをどう取りつつアレンジすべきかにかなり迷い苦戦しました。

◆今作の曲を作る時に面白かった事は?
ヒトラー近衛連隊行進曲に苦戦した!と言いつつも、
そこがまた作っていて面白かったです。

◆聞いてもらえると嬉しい所は?
どこに元の曲のフレーズが入っているか探してもらえると嬉しいです。
それから全体的にドイツの頑固な戦車のイメージで作ってみたので、
低音が強めになっているのですが、その辺りを聞いてくださると嬉しい
です!

◆何か一言
軍歌ファンやマニアやオタクが増えないかなと密かに思っております!


ここで本作のBGMを初公開。
http://wargame.jp/images/mel/poreyukio_battle2.mp3
主に防衛戦で流れる曲です。

部分的にアドルフ・ヒトラー近衛連隊行進曲の旋律を使っているの
ですが、「変調しているので探し当てるのはウォーリーを探せ
並に難しい」とは、ぽれゆきをさんの弁です。

ちなみに原曲の軍歌はこれです。
http://gunka.sakura.ne.jp/mil/mp3/leibstandarte.mp3


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C.ComicCommunicationに参加します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本戦争ゲーム開発は、明日のComicCommunication16に出展します。
いつも通り、パトルの軍事博物館カンパ版、ノイアーアンティーカロマン、
ダンジョンアーミー、DAEXキャンペーンを持っていく予定です。

ComicCommunication16
日時 2012年6月3日(日曜) 11:00~15:00
会場 インテックス大阪 3号館
ブース H31a

————————————最近の更新————————
リンク集の修正、ユーザー登録システムのバグ修正


◆Twitter
http://twitter.com/#!/MutoFP

◆ブログ
http://wargame.jp/wordpress/

タグ

2012年6月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メルマガバックナンバー

このページの先頭へ