シナリオライターの報酬が・・・

将来的にシナリオを外注する事も考えて、ゲームのシナリオライターの相場みたいなのを調べていました。

するとテキストファイルに1キロバイト書いて、1000円ぐらいが普通だと出てきました。

これは安いです。おおよそ450字で1000円。

大学の卒論を2万字だとすると、4万5千円弱!

 

4万5千円もらえるのならいいじゃないかと思うかもしれませんが、これは商業ゲームの外注費用。

つまり会社が支払う、プロに対する報酬なのです。

ウィキペディアの「ゲームシナリオライター」の項目を見ると・・・

「ライターに要求される作業レベルが高い一方、脚本料金の目安は他の映像作品の基本相場に比べると、著しく低い。慣習的に「決定稿として採用されたシナリオテキストファイルのキロバイト数」がギャランティの算出基準になっており、著名なライターでも1キロバイトあたり1000~3000円程度だと言われている。また多くの場合、シナリオライターは会社員もしくは単発の外注契約として作業を担当するため、著作物の発表権利は所謂買取契約によってギャラと引き替えにメーカ側に譲り渡され、ライター個人への印税は、一切発生しない。シナリオ文面やライターの名義がメーカ側の都合によってライターへの通達無く書き換えられることも、決して珍しくはない。」

なかなか拷問宇宙な感じです・・・。

アニメーターもそうですが、創作系の報酬は超低賃金なものが多い・・・。

 

逆にゲームを出す自分の立場からしてみれば、これぐらいの報酬でプロレベルの人に外注を出せる事も意味します。

もっとも現状自分の稼ぎでは、それでもライターにお願いするのは難しいのです。

まともな報酬を払うには、まずは自分が頑張らないといけませんね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年12月22日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:ゲーム製作

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. sanpe より:

    『文字数が全て』ってのは正直どうかと(汗)
    しかもメーカー側の都合で文面はおろか名義の書き換えまで自由とは……
    それなんてマゾ仕様?

    セリフとか、文字数稼ぎすると重みをなくすことがままあるので
    ……ジレンマっすね。相当にたちの悪い。

    それでも……実際にゲーム化されれば実績は得られるわけで。
    実績という財産は無二のものだとも言えなくもなく。
    ……肝になりそうなのは、その辺りの差し引きですかね。

  2. ひづめ より:

    わりとこの通りですね\(^o^)/
    1000円は最低これだけは欲しい、という感じなのですけど
    (ベテラン、有名な人はそれなりにアップ)
    どんどん下がっていってる感じみたいですよー。
    学生に頼んで安くすまそう、という空気もあるのでこわいこわいです。

  3. 武藤FP より:

    >sanpeさん
    おそらく実績+文字数という感じなのでしょう。
    ただそれを考えても、やっていくのは相当大変そうです・・・。
    もしかしたら一般向けと成人向けでまたちょっと違うかもしれません。

    >ひづめさん
    実力者をのぞけば、やはりこんな感じなのですか・・・。
    絵とかも学生に頼んで安くという話がありますね。
    ネットがあるとどんな分野でも価格が比べられてしまうから、どんどん安くなっていくのだ・・・。


このページの先頭へ