WWII英雄列伝 最強の虎 クルト・クニスペル

WWII英雄列伝 最強の虎 クルト・クニスペル

画像

その男を超える者は歴史上二度と現れないであろう。
敵戦車撃破数公式記録168両、非公式を含めると190両を超える戦車を撃破したとされ、その驚異的な記録とは裏腹に謎に包まれた伝説の戦車エース、クルト・クニスペルの戦歴を追体験する歴史戦術SLG。
入隊してからポーランド、ドイツ国内での軍事訓練から始まり、故郷からわずか100km足らずのチェコ南部で運命の日を迎えるまでを描きます。


WWⅡ英雄列伝シリーズ、激動の第3弾!

本作はWWⅡ英雄列伝ヴィットマンWWⅡ英雄列伝カリウスに続き、詳細な史料に基づく史実再現とゲーム性を両立させたWWⅡ英雄列伝シリーズの三作目になります。
単なる続編に留まらず、前作、前々作を超えるユニット数とより強化されたグラフィック・演出を持って、伝説のエースの足跡を辿ります。


ゲーム画面とPV

 イベント メイン画面

 オープニング 戦闘


登場人物

クルト・クニスペル

画像
本作の主人公。
第503重戦車大隊に所属し、ティーガー戦車を駆って史上最高の敵戦車撃破数をあげた最強の戦車エース。
飛びぬけて優秀な能力を持ちながらも、ドイツ軍の伝統や規律に捉われないアウトローな人物であったため組織内で数々の問題を引き起こすが、彼に近い仲間達からの信頼はとても厚い。
現在のチェコ北部に当たるズデーテン地方出身で、チェコ内で抑圧されたドイツ人の自立のために戦争へと身を投じていく。


アルフレッド・ルーベル

画像
クルトと同じ第503重戦車大隊所属の中隊長。
生真面目な性格で、当初クルトをはじめ癖の強い戦車乗り達の多い部隊に困惑するが、次第にその力と人柄を認めて影響を強く受け、自身も戦車エースとして大きく成長していく。大隊は終戦直前に壊滅してしまうが、彼は戦後も生き延びて第503重戦車大隊のことを知る貴重な生き証人となった。

カール・スコダ

画像
クルトと同郷の出で幼馴染。
当初は成績が振るわず、偵察部隊に配属となるが後に実力を認められてクルトと同じ第503重戦車大隊の所属となる。
クルトになかなか追いつけない自分に負い目を感じている。

ハンス・フェンドザック

画像
クルトの上官にして最高の戦友。
常に皮肉と冗談を絶やさない男で「小さなハンス」の渾名がある。
しかし、戦場では高い判断力を持ち、部下のためには上官とぶつかる事も厭わない気概を持つため、皆に強く信頼されている。

ハナ

画像
本作のオリジナルヒロインでクルトとカールの幼馴染。
本作では史実解説も担当する。
ズデーテン地方に住んでいたチェコ人執政官の娘で、チェコスロバキアのドイツ併合にあたってチェコ南部へと転居する。
かつてのようにズデーテンドイツ人とチェコ人達がお互いを認め合って平和に暮らすことを望んでおり、ドイツによるチェコ併合と戦争を機に変わってしまったかつての旧友達に心を痛めている。

本作のポイント

アドベンチャーパートを実装

  

アドベンチャーパートがステージ間に挿入され、主人公クニスペルはじめ仲間達との会話、当時の悲喜交々のエピソードを楽しむことができます。

深さと分かりやすさを兼ね備えた戦闘システム

 

前作から引き継いだ装甲値が命中角度で変化するシステムに加えて、司令部からユニットを呼び出すことが可能に。それ以外にも調整されたユニットのステータスとゲームルールを採用しました。

技術ツリーを発展させ、独自の部隊を運用せよ

 

シリーズ初。技術ツリーを構築して、新型兵器を入手できるようになりました。ドイツ軍兵器の系譜もゲームバランスを崩さない範囲で可能な限り史実に基づいています。史実では間に合わなかったあの兵器もプレイヤーのがんばりと選択次第では早期に戦場に投入できるかもしれません。

140種類以上の兵器が登場

 
 
今作ではドイツ軍兵器を中心に大幅にユニット数が増加し、戦車・突撃砲・対戦車砲・歩兵・榴弾砲といった前作までにあったユニットだけでなく、輸送車・歩兵砲・火炎放射器といったマイナー兵器も戦場に投入できるようになりました。
敵の兵器の種類もより増加。様々な兵器に彩られたバリエーション豊かなステージに挑戦することができます。


充実の史実解説

 

複雑な歴史背景や兵器に関する解説を用意。本作のオリジナルヒロインがゲストキャラも交えて丁寧に解説します。

強化された3D演出

 

前作で導入された3D演出は今作でより美麗に、そして種類も豊富になりました。

よりユーザーフレンドリーに

 

初心者から上級者まで楽しめる難易度設定を用意。
プレイヤーにプレイする上でストレスを感じさせないよう様々な補助システムを搭載。
ゲーム中にもチュートリアルを用意し、説明書を読まなくても自然とシステムを覚えられる親切設計です。

主要スタッフ

監修・基礎システム提供 日本戦争ゲーム開発 武藤FP
企画/開発・シナリオ 日本戦争ゲーム開発 saizwong
キャラクターデザイン MIG
3DCG ちり、saizwong、757575
音楽 ぽれゆきお(セツゲン-1937)、saizwong
ドット絵 minag、saizwong

動作スペック

対応OS:Windows2000、ME、XP、Vista、7、8

以下のパソコンで動作確認済みです。
Windows 7, CPU Intel Core2 Duo, メモリ3GB


ゲームを作るにあたっての参考文献

こちらを参照 



体験版


ダウンロードボタンはリンク先ページの下の方にあります。


製品版の購入

BOOTでの価格は2200円。販売サイトによってばらつきあり。

ダウンロード販売

BOOTH

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済でご購入いただけます。
他の販売サイトより一回り安い事が多いです。

・DMM

この販売サイトはR-18ですが、本作は全年齢向けです。割引をおこなっている事が多く、その場合はBOOTHより安い事があります。クレジットカード、コンビニ振込、Edy、銀行振込、Suica、BitCashEXでご購入頂けます。

DLsite

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済やBitCash、Edyでご購入いただけます。


パッケージ版通販


コンビニ決済、クレジットカード、および代引、Vプリカで購入できます。


コンビニ決済、クレジットカード、および代引きで購入できます。



日本戦争ゲーム開発TOPに戻る