DAEXキャンペーン

DAEXキャンペーン

DAEXキャンペーン

ゲーム画面

  戦闘  対兵器戦闘

  戦闘  対兵器戦闘


ゲーム概要

マレー電撃戦からビンラディン殺害作戦まで!
史実を再現した戦場を気軽に楽しめる、短編ミリタリーRPG!

プロモーションビデオ



特徴

・実在の陸戦兵器が約50種類登場。
・兵器スペックは史実を正確に再現。
・ゲーム性を重視しつつも、資料を元に再現された7つの戦場。
・RPGをベースに、アクションやSLG的な要素も併せ持つ独特なシステム。
・プレイ時間はサクッと2~4時間ほど。気軽に楽しめる。
・ハイスコアを目指せ!やり込みプレイにも対応。
・ダンジョン・アーミーから兵器を取り込んで自由に使える。

収録した戦場一覧

・ネプチューンスピア作戦(2011年5月2日)
・涙の谷(1973年10月6~9日)
・バドール作戦(1973年10月6~8日)
・ディエンビエンフーの戦い(1954年3月~5月)
・ラッテンクリーク(1942年9~10月)
・マレー電撃戦(1942年1月7~8日)
・ハルファヤ峠の戦い(1941年6月15日)


ここがこだわり!

スエズ
◆戦場の再現
戦場の形は適当にそれっぽく作ったわけではありません。
例えばネプチューンスピア作戦(ビンラディン殺害作戦)の場合、建物の配置はアメリカ
国防総省が公開している資料を元に再現しています。
またヘリが着陸した場所、及び不時着した場所、実際に戦闘が起きた区域、さらにはその時敵が銃を持っていたか素手だったかなども史実を元にしています。

◆兵器スペックの再現
イギリスの第二次世界大戦中に、マチルダⅡという戦車があります。
この戦車は装甲が厚かったのですが、徹甲弾しか撃てないという問題がありました。
リアルさが売りの海外製SLGでもマチルダⅡが榴弾を撃てたりしますが、DAEXキャンペーンでは、もちろん榴弾は撃てません。
さらに主砲貫通力、前面装甲厚、側面装甲厚、15秒あたりの射撃回数、命中率、回避能力、偵察能力、車高による見つかりやすさ、故障のしやすさなども再現しています。
このような感じで、多くの兵器のスペックを正確に再現しています。


ダウンロード


日本戦争ゲーム開発TOPに戻る